貯金のコツ

スポンサードリンク

為替投資も500円玉もプラチナもみんな貯金?

 

貯金のコツですが、みんなどのようにやりかたを行っているのでしょうか。
他人がどれくらい貯金しているか、も気になりますよね。
30代の平均で、100万円から500万円くらいだそうです。
30代の貯金

 

さて、それはどのような貯金方法で貯まったのでしょう。
貯金箱に現金をためるのが貯金、という人もいれば、
例えば、長期の為替投資を行っている人は、それが貯金のようなものであるともいいます。
保険を「貯金みたいなものだよ」といって、いろいろな貯蓄型保険に入る人もいます。
また、ボーナスなどは全額、蓄えにまわすといった人もいます。
ボーナスを貯金するときは、ボーナスはなかったものと考えてです。

 

「ボーナスはなかったもの」

 

と考えられるならとても良いかもしれませんが実際はそうも上手くいきませんよね。

 

もちろん、毎月コツコツと貯めている人もいます。
コツコツと貯めている人は、あらかじめ一定の金額を貯金するとすでに決めている場合が多いので、そういった貯金の仕方もありかもしれません。

 

 

定額預金にするのも一つの方法ですよね。
貯金のコツは、人によって多種多様に変わってきます。

 

さて、具体的にどのようなコツがあるのでしょうか。
一時流行った100円玉、500円玉貯金を利用している人もいますよね。
こういった100円玉、500円玉の貯金のコツとしては、それを缶コーヒーなどに利用をしたと考えることにするようです。
そうすることで地道にお金が貯まるようになるんですね。

 

例えば、100円玉なら1ヶ月を30日として考えて毎日缶コーヒーを飲んだとします。
100×30ならば3000になりますから、毎月3000円の貯金が出来ますね。
500円ならば500×30で15000円の蓄えとなるわけです。
こう考えると貯金のコツというのはそのお金を使ったものとして考えることが最適であるということがいえるのではないでしょうか。

 

銀行・ゆうちょなど通帳口座を分けるのもコツのひとつ。アイデア貯金箱も…

また、通帳を別々にしてしまうといった方法も貯金のコツといえるでしょう。
カードも作らず簡単に降ろせないように近所にはない銀行などで通帳を作り、毎月一定額そこに給料から振込みをして貯めていくという方法です。

 

いざというときにしか降ろせない状態にしてしまっているほうがお金も貯まりやすいかもしれません。

 

コレ、ちなみにATMタイプのアイデア貯金箱です。
 ↓↓↓

 

「本物のATMのように、お金を引き出す際にはカードと暗証番号が必要」…だそうです。

 

話をもどしますが、あと、いかに貯めたお金を使わないで、そのまま貯め続けることができるかといったこともコツの一つではないでしょうか。
どういった生活に切り替えるかといった考えも大切です。

 

貯金のコツは、いかに使わないか、生活水準を落とさずにしかし買い物はお得なところでといったこと、何よりも蓄えにまわしたお金を一度使ったものと思い込むことになります。

 

また一定額が貯まったら1ヶ月貯金を休んで、毎月の蓄えたお金で一度気晴らしに買い物をするといったことも良いかもしれません。
毎月2万円の貯金を行っているならば、一定額が貯まった翌月は、わざと蓄えにまわさないでその2万円で好きなことをするのです。
そうすることでストレスから解放されますので貯金も行いやすくなるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連ページ

円高貯金
円高の影響をうけて困る業種もありますがメリットもあります。円高還元セールもありますし、海外旅行は安くいけます。されあに外貨が「安く買い物」できるわけですから、外貨預金も有効です。これが円高貯金というわけです。上手に買えば株安も吹き飛ばせる??
ウォン預金や両替
ウォンは韓国の通貨。韓流ブームによる韓国旅行などでウォンの両替をする人はいますが預金を考える人はまだ少数派。預金銀行や為替レートだけでなく韓国経済の暴落なども不安視されるからです。
農協貯金
農協には共済保険や住宅ローンなどさまざまな金融サービスもあり農協貯金もそのひとつ。JAバンクとも呼ばれセブン銀行のATMも使えたりと便利です。普通の銀行のサービスはもちろん全国的なネットワークのよさは農協貯金ならでは。
ユーロ貯金
外貨預金として注目なのでユーロ貯金。一般的に金利が魅力なのですが為替リスクや円相場、換金両替手数料なども考慮にいれなければなりません。ただ以前と違って多くの銀行でユーロ貯金ができ、手軽になりました。
老後の貯金・貯蓄
老後の貯金・貯蓄は生活費のだめだけではありません。趣味の費用などさまざまな生活設計を考慮して計算する必要があります。頼る人のいない一人暮らしならばなおさら老後の貯金・貯蓄は大切になります。
30代の貯金平均(貯蓄額)
30代の貯金金額が気になります。30代といっても30歳から39歳まであり、それぞれ収入や貯金環境も異なるでしょうけれど、おしなべて平均貯蓄額いくらなのでしょう?
ドル建て預金の意味
ドル建て預金の意味は?やっぱり円高だとドル建て貯金はおすすめ?預金口座はどうすればいいの?…そんな初歩の初歩をプチリサーチ。
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金の利息は新生銀行やスルガ銀行のようなネットバンク系よりは低いものの、UFJや三井住友銀行、みずほ銀行といった大手銀行とほぼ同等程度だと思います。ただ、郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金には利息以外の魅力があるのも事実…
郵便局・ゆうちょ銀行の貸金庫
貸金庫の需要が高まってきていますがゆうちょ銀行(郵便局)には貸金庫はないのでしょうか。横浜銀行・みずほ銀行といった大手銀行でも支店がないようば場所にも店舗を有するゆうちょ銀行(郵便局)。貸金庫の需要もあると思います。
外貨貯金・比較のポイント
円高の時期、外貨貯金が人気です。マレーシアなどでの外国口座も不要、みずほ銀行、UFJなどの他にゆうちょ銀行(郵便局)でも預金でき、新生銀行などネット系も手軽な方法です。ドルの他にもユーロ、ウォンなど選択肢は考えられますが金利や手数料、リスクなどを比較して外貨貯金をしましょう。
ドル貯金
ドル貯金は以前より身近になっています。円高の時にスタートすればドル高になったとき為替差益が得られます。ドル貯金は大手銀行ならだいたいどこでも可能ですが両替手数料がかかるのでその計算も必要です。
貸金庫の料金や審査
貸金庫の需要が増えています。郵便局にはないので銀行しか選択肢はありません。貸金庫の利用にはどんな条件や審査があるのか、そして料金(使用料)はいくらでしょう。費用で選べば私設のトランクルームという選択肢もあります。
貯金の平均・年代(年齢)別
貯金の平均金額を気にする人がいます。特に年代別(20代・30代…)、年齢別(25歳、30歳)の平均についての注目度が高い。自分の貯金が人とくらべて多いのか少ないのかが気になるようです。
貯金・預金News&コラム