円高貯金

スポンサードリンク

円高のメリットを生かせる貯金が外貨預金

円高貯金を行う人が増えています。
これは円高の今、ドルなどの外貨に両替して貯金しておけば、円安の時で売り、利益をだすことができるからです。
特に、ここ最近、ただでさえ外国の金利が高いことで話題になっていた外貨預金です。
円高の今が、まさにスタートするチャンスというわけです。

 

 

円高…ということですから、当然、相対的にドルは安いです。
この時が「買い時」というわけで、これがまた逆転したときに、その差で儲ける方法をとれるわけです。

 

さて、円高貯金を行うならば、タンスではなく、外貨貯金を行える銀行口座が必要です。
大手の銀行口座ならドルなどの外貨を取り扱っています。
多くの銀行口座でドル預金が利用できるはずです。

 

また、ドルやユーロ貯金を行う人が増えているのは、基本的に円相場が不安定だから、ということもあると思います。

 

ただ、円相場は不安定かもしれませんが、他の外貨も安定しているかというと、そうおではありません。
一昔前は、ドルは金よりも確か、みたいな時代もありましたが、今は違います。

 

 

為替変動によるリスクもある円高貯金

 

円高貯金として、外貨貯金を行うためにも、注目が集まっているので個人での需要がなかったちょっと前までと比較すると多くの人が個人で行っています。
これは今のトレンドといってもおかしくなないわけです。
しかし、円高貯金を行うならばリスクを考えてリスクを分散させるようにしておくと良いでしょう。
リスクを分散する理由は、まず外貨貯金が「貯金保証の対象ではない」ということがあげられます。
貯金保証を行っていないため、円高貯金で損失をこうむったり、また銀行が破綻した場合には、それまでの貯金が戻ってくる保証があるわけではありません。

 

円高貯金は保証がありませんので、その点を考えると円高貯金だけでなく、国内の貯金も利用していくと良いかもしれません。
そのために、円高だからといって、海外ばかりに目を向けるわけではなく、円高貯金としてリスクの損失も考えながら、上手に国内の貯金も利用しリスク分散を行っていきましょう。
また多くのブログでは円高貯金を行っている人たちがその流れを記録していますので、そういったものに目を通してみたり、たくさん販売されている外貨預金の本を1冊読んでみるのも良いかもしれません。
そうすることによって、円高貯金の正しい知識が身についていきますので、しっかりと学んで利率でうまく儲けていくようにやっていきたいですね。
円高もひとうのチャンスです。
そのチャンスを上手に利用して少しでもお金を増やしてみましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

ウォン預金や両替
ウォンは韓国の通貨。韓流ブームによる韓国旅行などでウォンの両替をする人はいますが預金を考える人はまだ少数派。預金銀行や為替レートだけでなく韓国経済の暴落なども不安視されるからです。
農協貯金
農協には共済保険や住宅ローンなどさまざまな金融サービスもあり農協貯金もそのひとつ。JAバンクとも呼ばれセブン銀行のATMも使えたりと便利です。普通の銀行のサービスはもちろん全国的なネットワークのよさは農協貯金ならでは。
ユーロ貯金
外貨預金として注目なのでユーロ貯金。一般的に金利が魅力なのですが為替リスクや円相場、換金両替手数料なども考慮にいれなければなりません。ただ以前と違って多くの銀行でユーロ貯金ができ、手軽になりました。
老後の貯金・貯蓄
老後の貯金・貯蓄は生活費のだめだけではありません。趣味の費用などさまざまな生活設計を考慮して計算する必要があります。頼る人のいない一人暮らしならばなおさら老後の貯金・貯蓄は大切になります。
30代の貯金平均(貯蓄額)
30代の貯金金額が気になります。30代といっても30歳から39歳まであり、それぞれ収入や貯金環境も異なるでしょうけれど、おしなべて平均貯蓄額いくらなのでしょう?
ドル建て預金の意味
ドル建て預金の意味は?やっぱり円高だとドル建て貯金はおすすめ?預金口座はどうすればいいの?…そんな初歩の初歩をプチリサーチ。
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金の利息は新生銀行やスルガ銀行のようなネットバンク系よりは低いものの、UFJや三井住友銀行、みずほ銀行といった大手銀行とほぼ同等程度だと思います。ただ、郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金には利息以外の魅力があるのも事実…
貯金のコツ
貯金は大げさに言えば資産管理の第一歩。小銭をためる、500円玉をためる、いといとな貯金術がありコツがあります。そこで、どんな貯金のコツがあるかを簡単にまとめてみました。
郵便局・ゆうちょ銀行の貸金庫
貸金庫の需要が高まってきていますがゆうちょ銀行(郵便局)には貸金庫はないのでしょうか。横浜銀行・みずほ銀行といった大手銀行でも支店がないようば場所にも店舗を有するゆうちょ銀行(郵便局)。貸金庫の需要もあると思います。
外貨貯金・比較のポイント
円高の時期、外貨貯金が人気です。マレーシアなどでの外国口座も不要、みずほ銀行、UFJなどの他にゆうちょ銀行(郵便局)でも預金でき、新生銀行などネット系も手軽な方法です。ドルの他にもユーロ、ウォンなど選択肢は考えられますが金利や手数料、リスクなどを比較して外貨貯金をしましょう。
ドル貯金
ドル貯金は以前より身近になっています。円高の時にスタートすればドル高になったとき為替差益が得られます。ドル貯金は大手銀行ならだいたいどこでも可能ですが両替手数料がかかるのでその計算も必要です。
貸金庫の料金や審査
貸金庫の需要が増えています。郵便局にはないので銀行しか選択肢はありません。貸金庫の利用にはどんな条件や審査があるのか、そして料金(使用料)はいくらでしょう。費用で選べば私設のトランクルームという選択肢もあります。
貯金の平均・年代(年齢)別
貯金の平均金額を気にする人がいます。特に年代別(20代・30代…)、年齢別(25歳、30歳)の平均についての注目度が高い。自分の貯金が人とくらべて多いのか少ないのかが気になるようです。
貯金・預金News&コラム