郵便局・ゆうちょ銀行の貸金庫

スポンサードリンク

ゆうちょ銀行(郵便局)に貸金庫はなぜないのか?

郵便局=ゆうちょ銀行には貸金庫がまだありません。
いわば国営だった郵便局から…民営化したばかりだからです。
民営化したばかりでは難しいのです。

 

しかし、この貸金庫は有力な営業ツールなはずです。
資産家や投資家などに人気があり、何よりも貸金庫開設によって大口預金などのほかの取引を増やすきっかけになります。
ゆうちょ銀行に貸金庫がないのは、まず民営化したばかりで、これからそれを行うかどうかも検討段階でしょう。
なぜ検討段階なのかというと、実質どこに作るのかといった問題があるからです。

 

 

また、利用者を獲得するためには都心部に作るのが望ましいわけですが、これがまたすぐに土地を確保できるかどうかも不明です。
なによりも郵便局離れもすすんでいるので、ゆうちょ銀行は貸金庫を作ったところで、利用者が出ず赤字になる可能性も考えられるのです。

 

つまり、「作る場所が物理的に問題」そして「作ったとして黒字になるかどうか問題」ということです。

災害や盗難などのリスクに備える貸金庫

しかし、この貸金庫がなぜ、今また再び注目を集めているのでしょうか。
たとえば、一部、空き巣が入りやすい地域では、高齢者が申し込んで、通帳などを預けることがあるということです。
また大地震では、大事な書類、通帳などを保管するといった点を考えると、貸金庫に預けたほうが確実でもあるからです。
実際に被害の大きかった地域は、地震直後に100パーセント、今でも90パーセント近く埋まっているという統計が出ています。
ゆうちょ銀行は貸金庫を作るべきではないでしょうか。
あれば、特に銀行が少ない地域では需要見込みがあるからです。
また貸金庫があれば、大切な手紙などの保管もおこなえるために万が一にもと思う人もいるでしょう。
ここ数年では、一部の地域は遠いところから問い合わせの電話があったりするようです。

 

遠方に住んでいる人が、といわせる理由としては、近所の貸金庫があいていないからです。
ゆうちょ銀行は貸金庫を作ることによってこういった人たちを囲い込むことに成功し、ゆうちょ事業を飛躍させることが出来ると思います。

 

しかし、まだまだその点は考えてないようですし、何よりも、郵政事業の民営化で一部では無気力な(?)職員なども増えていたり、失態が目に付くこともあります。
そういった点を考えるとゆうちょ銀行は貸金庫をしっかりとしたシステムを作れば名誉挽回することが出来るのではないでしょうか。

 

それが、ゆうちょ銀行にとってもいいと思いますが、なかなか現実はうまく動けないようです。

 

ゆうちょ銀行の貸金庫があればと思っている人は多くいると思いますので、こういったことも意見をどんどん出していくと民営化したわけですから取り入れてもらえるかもしれませんよね。

スポンサードリンク

関連ページ

円高貯金
円高の影響をうけて困る業種もありますがメリットもあります。円高還元セールもありますし、海外旅行は安くいけます。されあに外貨が「安く買い物」できるわけですから、外貨預金も有効です。これが円高貯金というわけです。上手に買えば株安も吹き飛ばせる??
ウォン預金や両替
ウォンは韓国の通貨。韓流ブームによる韓国旅行などでウォンの両替をする人はいますが預金を考える人はまだ少数派。預金銀行や為替レートだけでなく韓国経済の暴落なども不安視されるからです。
農協貯金
農協には共済保険や住宅ローンなどさまざまな金融サービスもあり農協貯金もそのひとつ。JAバンクとも呼ばれセブン銀行のATMも使えたりと便利です。普通の銀行のサービスはもちろん全国的なネットワークのよさは農協貯金ならでは。
ユーロ貯金
外貨預金として注目なのでユーロ貯金。一般的に金利が魅力なのですが為替リスクや円相場、換金両替手数料なども考慮にいれなければなりません。ただ以前と違って多くの銀行でユーロ貯金ができ、手軽になりました。
老後の貯金・貯蓄
老後の貯金・貯蓄は生活費のだめだけではありません。趣味の費用などさまざまな生活設計を考慮して計算する必要があります。頼る人のいない一人暮らしならばなおさら老後の貯金・貯蓄は大切になります。
30代の貯金平均(貯蓄額)
30代の貯金金額が気になります。30代といっても30歳から39歳まであり、それぞれ収入や貯金環境も異なるでしょうけれど、おしなべて平均貯蓄額いくらなのでしょう?
ドル建て預金の意味
ドル建て預金の意味は?やっぱり円高だとドル建て貯金はおすすめ?預金口座はどうすればいいの?…そんな初歩の初歩をプチリサーチ。
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金の利息は新生銀行やスルガ銀行のようなネットバンク系よりは低いものの、UFJや三井住友銀行、みずほ銀行といった大手銀行とほぼ同等程度だと思います。ただ、郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金には利息以外の魅力があるのも事実…
貯金のコツ
貯金は大げさに言えば資産管理の第一歩。小銭をためる、500円玉をためる、いといとな貯金術がありコツがあります。そこで、どんな貯金のコツがあるかを簡単にまとめてみました。
外貨貯金・比較のポイント
円高の時期、外貨貯金が人気です。マレーシアなどでの外国口座も不要、みずほ銀行、UFJなどの他にゆうちょ銀行(郵便局)でも預金でき、新生銀行などネット系も手軽な方法です。ドルの他にもユーロ、ウォンなど選択肢は考えられますが金利や手数料、リスクなどを比較して外貨貯金をしましょう。
ドル貯金
ドル貯金は以前より身近になっています。円高の時にスタートすればドル高になったとき為替差益が得られます。ドル貯金は大手銀行ならだいたいどこでも可能ですが両替手数料がかかるのでその計算も必要です。
貸金庫の料金や審査
貸金庫の需要が増えています。郵便局にはないので銀行しか選択肢はありません。貸金庫の利用にはどんな条件や審査があるのか、そして料金(使用料)はいくらでしょう。費用で選べば私設のトランクルームという選択肢もあります。
貯金の平均・年代(年齢)別
貯金の平均金額を気にする人がいます。特に年代別(20代・30代…)、年齢別(25歳、30歳)の平均についての注目度が高い。自分の貯金が人とくらべて多いのか少ないのかが気になるようです。
貯金・預金News&コラム