老後の貯金・貯蓄

スポンサードリンク

老後の貯金(貯蓄)でどんな費用までまかなえる?

老後の貯金をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

 

国民年金だけではもちろん食べていけませんので、期待は出来ませんよね。
また企業によっては企業年金があるために貯金を行わないといった人もいるかもしれません。
企業年金を行っている会社も一部ですから、自分の会社の年金がどのようになっちえるか知ることも、老後の貯金を計画するためにも大切です。

 

退職金を全額、老後の資金として回す人も多いかもしれません。
ただ、退職金だけで安定した生活を行えるかは難しいところです。
年金をもらうことが出来るまでの数年の間は間違いなく生活を行うことができるでしょう。
しかし退職金も年々に金額が下がっているのが現実のようです。

 

退職金は昨今では1000万円前後のところが多く、3000万円が出る会社というのは少ないです。
年収が1000万を超える家庭も増えているようなことが報道されていますが、実際はそこまで増えているわけではなく、収入格差は非常に広がっています。

 

収入格差の広がり具合から老後の不安もあり…
老後の貯金を、早い人では20代から始めています。
20代では20%近くの人が貯蓄なしですが、それ以外の人は老後の貯金を含めた上で、貯金を行っています。
この違いはすでに収入の高さによってかわってくるのです。

老後の生活設計によって貯金のしかたを計画する

老後の貯金を考えるときに、早いうちから貯金する以外には、生命保険会社が提供する個人年金もあります。
個人年金と、国の年金、そして老後の貯金をあわせてようやく安心して老後の生活に光を見出せるのではないでしょうか。
その点を考えると、日本の経済不安定な状況と高齢化社会への対策が遅れていることからも、このような不安を生み出し、人々を老後の貯金に借り出しているといるのが分かります。

 

老後の貯金を考えて、しっかりと行うのでしたら、銀行も選んでいくと良いのではないでしょうか。
利率の良い銀行を選んで長期的に取引を行い少しでも利息で儲けていくといった方法をとるのです。
為替リスクもありますが、金利の高い外貨預金というのも選択肢のひとつです。

 

老後の貯金というのは、今は就職したばかりの若者でも不安を感じて行っています。
その点を考えると非常に不安定なのも分かります。

 

また貯金はもちろんですが、一番のポイントは税金です。
ここで税金も老後の貯金を考えてしっかりと節税していくことがポイントになると思います。
節税、節約と重ねた上で、利率が少しでもいい銀行や定額貯金を行うことで、老後の貯金を少しでもプラスになっていくと良いですよね。
きちんと老後の貯金をして計画を考えていきたいですね。

スポンサードリンク

関連ページ

円高貯金
円高の影響をうけて困る業種もありますがメリットもあります。円高還元セールもありますし、海外旅行は安くいけます。されあに外貨が「安く買い物」できるわけですから、外貨預金も有効です。これが円高貯金というわけです。上手に買えば株安も吹き飛ばせる??
ウォン預金や両替
ウォンは韓国の通貨。韓流ブームによる韓国旅行などでウォンの両替をする人はいますが預金を考える人はまだ少数派。預金銀行や為替レートだけでなく韓国経済の暴落なども不安視されるからです。
農協貯金
農協には共済保険や住宅ローンなどさまざまな金融サービスもあり農協貯金もそのひとつ。JAバンクとも呼ばれセブン銀行のATMも使えたりと便利です。普通の銀行のサービスはもちろん全国的なネットワークのよさは農協貯金ならでは。
ユーロ貯金
外貨預金として注目なのでユーロ貯金。一般的に金利が魅力なのですが為替リスクや円相場、換金両替手数料なども考慮にいれなければなりません。ただ以前と違って多くの銀行でユーロ貯金ができ、手軽になりました。
30代の貯金平均(貯蓄額)
30代の貯金金額が気になります。30代といっても30歳から39歳まであり、それぞれ収入や貯金環境も異なるでしょうけれど、おしなべて平均貯蓄額いくらなのでしょう?
ドル建て預金の意味
ドル建て預金の意味は?やっぱり円高だとドル建て貯金はおすすめ?預金口座はどうすればいいの?…そんな初歩の初歩をプチリサーチ。
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金の利息は新生銀行やスルガ銀行のようなネットバンク系よりは低いものの、UFJや三井住友銀行、みずほ銀行といった大手銀行とほぼ同等程度だと思います。ただ、郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金には利息以外の魅力があるのも事実…
貯金のコツ
貯金は大げさに言えば資産管理の第一歩。小銭をためる、500円玉をためる、いといとな貯金術がありコツがあります。そこで、どんな貯金のコツがあるかを簡単にまとめてみました。
郵便局・ゆうちょ銀行の貸金庫
貸金庫の需要が高まってきていますがゆうちょ銀行(郵便局)には貸金庫はないのでしょうか。横浜銀行・みずほ銀行といった大手銀行でも支店がないようば場所にも店舗を有するゆうちょ銀行(郵便局)。貸金庫の需要もあると思います。
外貨貯金・比較のポイント
円高の時期、外貨貯金が人気です。マレーシアなどでの外国口座も不要、みずほ銀行、UFJなどの他にゆうちょ銀行(郵便局)でも預金でき、新生銀行などネット系も手軽な方法です。ドルの他にもユーロ、ウォンなど選択肢は考えられますが金利や手数料、リスクなどを比較して外貨貯金をしましょう。
ドル貯金
ドル貯金は以前より身近になっています。円高の時にスタートすればドル高になったとき為替差益が得られます。ドル貯金は大手銀行ならだいたいどこでも可能ですが両替手数料がかかるのでその計算も必要です。
貸金庫の料金や審査
貸金庫の需要が増えています。郵便局にはないので銀行しか選択肢はありません。貸金庫の利用にはどんな条件や審査があるのか、そして料金(使用料)はいくらでしょう。費用で選べば私設のトランクルームという選択肢もあります。
貯金の平均・年代(年齢)別
貯金の平均金額を気にする人がいます。特に年代別(20代・30代…)、年齢別(25歳、30歳)の平均についての注目度が高い。自分の貯金が人とくらべて多いのか少ないのかが気になるようです。
貯金・預金News&コラム