ウォン預金や両替

スポンサードリンク

ウォン預金に注目?両替はどこでするのか?

ウォン預金は、今、非常に注目されています。
ウォン預金に関しては円高になってから質問サイトなどでも質問が増えてきているくらい人気があります。
それは円高だからです。
また、韓国政府では貯金者保護法施行令を改正して、ウォン預金でも外貨建て貯金も5000万ウォンまで保護するといった方向でまとまっているようで、こういった方向も要因のひとつかもしれません。

 

ウォン預金は、韓国に元金を送金して非居住者のウォン預金を行うものであります。
在日してんでは書類の取次ぎ以外は法的な義務が特にありません。
韓国の外替銀行では東京支店と大阪支店があります。
ほとんどの日本の銀行ではウォンと円との外貨両替はおこなっていないので、実質、この「株式会社韓国外換銀行」が数少ない窓口のひとつとなるでしょう。
余談ですが、韓国で円とウォンを両替するときには、そのレートや手数料にとても注意が必要らしいです。

 

 

won2.jpg

 

 

…といったウォン預金ですが、大半の人は、定期預金になっているのではないでしょうか。
ウォン預金といっても、韓国に元金を送金する一種の外貨定期預金となるので、この点はウォン預金を行うときに銀行にきちんと確認し、どういった期間になるか知っておくべきでしょう。

 

為替レート以前に韓国経済暴落が心配?預金を円に両替せよの声も

ただ、このウォン預金を、円に換えたほうが良いという声もあります。

 

理由としては、韓国は世界経済界ではまだまだエマージング国扱いで、投資しても回収が出来ない場合があるといわれているからです。

 

また第二の国家破産といったうわさもあるので、ウォン預金も不安な部分があると思います。

 

円高の今、ウォン預金をして円安になったら円に換えるといった方法をとるならば、銀行へ口座をつくる…つまりウォン預金という方法ではなく、FXといった外国為替証券取引に切り替えたほうが良いのかもしれません。
ただし会社によって取り扱いが出来る通貨がきまっていますのでウォンが利用できる会社を使用しましょう。

 

ウォン預金の不安定な部分の指摘として、韓国が日本に対して、低金利融資、緊急援助をいまだに完済しきれていないからという論拠もあります。
そういった不安があるからこそ、ウォン預金はあまりすすめないという人も多いですが、行っている人がおおいのも事実です。

 

円高の間だけウォン預金を行うのが良いかもしれません。

 

won.jpg

 

 

韓国への投資は一種のギャンブルとして認識している人も少なくないようなので難しいところですが、もしウォン預金をこれから行うのでしたら短期で行うべきものであると考えると良いでしょう。
そういったことを考えて取引を行うのがウォン預金といった認識をすると良いでしょう。
また、ウォンの価値は今のところ下落傾向なので、注意をして行っていくべきものであるといえるのも感じられますね。
ウォン預金を行う場合は万が一のリスクも考えて行うのをお忘れなく。

スポンサードリンク

関連ページ

円高貯金
円高の影響をうけて困る業種もありますがメリットもあります。円高還元セールもありますし、海外旅行は安くいけます。されあに外貨が「安く買い物」できるわけですから、外貨預金も有効です。これが円高貯金というわけです。上手に買えば株安も吹き飛ばせる??
農協貯金
農協には共済保険や住宅ローンなどさまざまな金融サービスもあり農協貯金もそのひとつ。JAバンクとも呼ばれセブン銀行のATMも使えたりと便利です。普通の銀行のサービスはもちろん全国的なネットワークのよさは農協貯金ならでは。
ユーロ貯金
外貨預金として注目なのでユーロ貯金。一般的に金利が魅力なのですが為替リスクや円相場、換金両替手数料なども考慮にいれなければなりません。ただ以前と違って多くの銀行でユーロ貯金ができ、手軽になりました。
老後の貯金・貯蓄
老後の貯金・貯蓄は生活費のだめだけではありません。趣味の費用などさまざまな生活設計を考慮して計算する必要があります。頼る人のいない一人暮らしならばなおさら老後の貯金・貯蓄は大切になります。
30代の貯金平均(貯蓄額)
30代の貯金金額が気になります。30代といっても30歳から39歳まであり、それぞれ収入や貯金環境も異なるでしょうけれど、おしなべて平均貯蓄額いくらなのでしょう?
ドル建て預金の意味
ドル建て預金の意味は?やっぱり円高だとドル建て貯金はおすすめ?預金口座はどうすればいいの?…そんな初歩の初歩をプチリサーチ。
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金
郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金の利息は新生銀行やスルガ銀行のようなネットバンク系よりは低いものの、UFJや三井住友銀行、みずほ銀行といった大手銀行とほぼ同等程度だと思います。ただ、郵便局(ゆうちょ銀行)の定期預金には利息以外の魅力があるのも事実…
貯金のコツ
貯金は大げさに言えば資産管理の第一歩。小銭をためる、500円玉をためる、いといとな貯金術がありコツがあります。そこで、どんな貯金のコツがあるかを簡単にまとめてみました。
郵便局・ゆうちょ銀行の貸金庫
貸金庫の需要が高まってきていますがゆうちょ銀行(郵便局)には貸金庫はないのでしょうか。横浜銀行・みずほ銀行といった大手銀行でも支店がないようば場所にも店舗を有するゆうちょ銀行(郵便局)。貸金庫の需要もあると思います。
外貨貯金・比較のポイント
円高の時期、外貨貯金が人気です。マレーシアなどでの外国口座も不要、みずほ銀行、UFJなどの他にゆうちょ銀行(郵便局)でも預金でき、新生銀行などネット系も手軽な方法です。ドルの他にもユーロ、ウォンなど選択肢は考えられますが金利や手数料、リスクなどを比較して外貨貯金をしましょう。
ドル貯金
ドル貯金は以前より身近になっています。円高の時にスタートすればドル高になったとき為替差益が得られます。ドル貯金は大手銀行ならだいたいどこでも可能ですが両替手数料がかかるのでその計算も必要です。
貸金庫の料金や審査
貸金庫の需要が増えています。郵便局にはないので銀行しか選択肢はありません。貸金庫の利用にはどんな条件や審査があるのか、そして料金(使用料)はいくらでしょう。費用で選べば私設のトランクルームという選択肢もあります。
貯金の平均・年代(年齢)別
貯金の平均金額を気にする人がいます。特に年代別(20代・30代…)、年齢別(25歳、30歳)の平均についての注目度が高い。自分の貯金が人とくらべて多いのか少ないのかが気になるようです。
貯金・預金News&コラム