シリアをめぐる為替情報

スポンサードリンク

シリアをめぐる為替情報

イギリス議会はシリアへの軍事介入を否決しましたが、
アメリカのオバマ大統領は、シリアへの攻撃について「議会に承認を求める」と8月31日、発言しています。

 

「攻撃は明日でも、来週でも、一週間後でも実行できる」

 

とも発言しているので、実働部隊はすでに準備万端なのでしょう。
ただ、アメリカ下院が今休会中で、再開予定が9日。
つまり議会の承認が得られるにしても最短で9月9日ということ。
それまでは、いろいろな思惑をはらみながら、為替も動く、とうことになりそうです。

 

こういう状況ですが、海外情報通の西原宏一氏は「ザイFX!」で30日、次のように述べています。

 

シリア問題はすでに相場へ織り込み済み。
9月にドル/円100円台回復

 

そして持田有紀子さんはこんな感じ。

 

やはり円ロングで臨みたいところ

 

ちなみに、有名なカリスマFXブロガー、羊飼いさんは東京新聞で30日、このように述べています。→リンク

スポンサードリンク