貴金属の刻印

スポンサードリンク

貴金属の刻印は造幣局のものとメーカー製のものがある。

貴金属の品位を証明するシステムは、英国がその発祥の地とされています。
ゴールドスミスホールにて、世界で初めて刻印が打たれ、ホールマーク制度が確立していったのです。

 

日本においては、東京貴金属検定所が1926年に制度を取り入れ、後に造幣局にて証明記号が制定されました。
ただし、日本の場合は任意制度となっているため、造幣局が定めた検定マーク以外にも、品位の数字のみであったり、メーカのマークを表示したりと、刻印の表示法はさまざまです。

 

貴金属の価格を左右する上で、純度は大きな要素となっています。
慣習的に、千分率で表すことが多くなっています。
例えば、「SV950」と打たれていれば純度95%の銀ということ。
「PT850」と打たれていれば純度85%のプラチナを意味します。

金の刻印は千分率よりも24分率

金の場合は、24分率もしばしば利用されます。
「K18」は24分の18、即ち純度75%の金を意味します。
また、「F」という刻印があったら、それは「張り(Filled)」を意味します。
「R」と表記されることもあります。
「GF」は金張り、「WGF」はホワイトゴールド張りといった具合です。

 

「P」は、「めっき(Plated)」のことです。
「GP」は金めっき、「PP」はプラチナめっきを意味します。
「GE」は、電解金めっき(Gold Electroplate)です。

 

「PW(Pewter)」も、アクセサリー類の貴金属によく見られる刻印ですが、これは、真鍮、すず、銅、鉛などの合金です。
金で艶消し仕上げをしたものは「PWG」、銀で艶消し仕上げをしたものは「PWS」と刻印されます。

 

このところ、貴金属の買取専門店が、活況を呈しているようです。
刻印は、金属種や純度など、素人にもさまざまな情報を提供してくれ、見極めのための主要な材料となってくれます。

スポンサードリンク

関連ページ

金相場の価格推移
田中貴金属や石福、三菱など手軽に小口取引ができる今、その価格推移には投資家ならずとも注意をはらいます。価格変動の大きいときには特にリアルタイムの金相場をチェックしてネットでの買取も可能。金相場の価格推移はより「普通の人」にも身近になった指標だといえます。
貴金属の出張買取
金やプラチナなど貴金属の出張買取は時間や手間の節約だけでなく、防犯上の意味でも安心できるやり方かもしれません。
貴金属の買い取り価格
プラチナや金と言った貴金属の買い取り価格その日々によって相場が出ています。
貴金属の鑑定
貴金属の鑑定、それは視認や比重、試金石などによって行われます。
貴金属の売買
貴金属、とくに金とプラチナ、銀は、それだけでも相場がたっており、市場ではの相場価格をもとに売買されます。
貴金属買取店バイセラジャパン
貴金属買取店の「バイセラジャパン(BUYSELa)」は銀座や表参道といってお洒落な街中にも違和感なく建つスマートな買取業者。
ネットジャパンの貴金属取引
「ネットジャパン」は、貴金属の買い取り、取扱高の点では、国内でもトップクラスにランキングされます。
貴金属買取のcloak
「cloak」は名古屋を本拠地とした貴金属買取店。買取手数料が人気の秘密。
ゴールドプラスの貴金属取引
ゴールドプラスは創業25年を数える貴金属取引業者。名古屋が本拠地ですが出張買取サービスも行っています。
金相場・価格チャート
ゴールドインゴットや延べ棒、コインなどの純金資産に熱い注目。そこで気になるのが金相場の価格チャートや買取価格情報。それらの相場は三菱マテリアルや石福、田中貴金属などのサイトでリアルタイムにチェックすることができます。そういった金相場のチャートやグラフから価格推移を見通し、今後のゴールドインゴットなど純金資産の売買方針に役立てましょう。
貴金属の価格
貴金属の価格には金・銀・プラチナと、いずれも相場があります。現在、その価格は世界的な金融情勢を反映し、かつてない上昇トレンドにあります。
金・プラチナNews&コラム