東京オリンピック決定で爆発的急騰株は?

スポンサードリンク

東京オリンピック決定で爆発的急騰株は?

日本時間、8日未明の「2020年東京オリンピック開催決定」を受けてスタートした今週。
9日、月曜日の朝から東京株式市場はどんどん上がっているとの情報が報じられています。

 

日経平均株価の寄り付きは、前週末比280円86銭高の1万4141円67銭。さらに値上がりが続き、序盤の上げ幅は350円を超え、1万4200円台まで上げている。

 

これは産経新聞が午前中に配信した情報ですが、ほぼ全面高の様相。
これには、オリンピックネタだけでなく、今日、取引が開始される直前に発表された内閣府の国内総生産についての数字も関連しています。

 

発表された内容によれば、「4月から6月期の国内総生産(GDP)改定値」が、年率換算で3.8%とのこと。
これは速報値から大きく情報修正された数値で、あらゆる株銘柄の買いに影響したようです。

 

話をオリンピックに戻しますが、この東京五輪招致決定を受け、他方面の銘柄が上がるだろうことは予想できますが、特に爆発的に上がる銘柄があるとしたら…?
それを専門家がリアルに予想した記事がサンケイ・ビズに掲載されていました。

 

まず、フィスコ期待の若手アナリスト・田代昌之さんは、手堅く値上がりが期待できる大型銘柄の表を挙げながら、「表以外でも…」と前置きしながら次の銘柄をピックアップ。

 

●ショーボンドホールディングス
●横河ブリッジホールディングス
●ケネディクス

 

次が「月刊宝島」のベストアナリスト同率第4位のスリーアイ・竹田嘉文さん。

 

●東京製綱
●ユニクロ
●東京競馬場

 

他の専門家もいろいろな見解や銘柄を挙げています。リンクはこちら→リンク

 

ちなみに、本日の市場状況では、レスリングの吉田沙保里選手などのスポンサーであり、五輪ても必要とされる警備関連サービスのALSOKが一時ストップ高だそうです。
なるほど、そっちで来ましたかという感じでしょうか。

スポンサードリンク