株取引と確定申告

スポンサードリンク

株取引の確定申告はどうしたらよい?

株取引は確定申告をする必要があるのかないのか、この点が非常に気になる方は多いでしょう。
たとえば、株を取引しているときの口座、この口座によって大きく変わってくるのです。

 

まずは特定口座ですが、株取引を専門にしている取引口座の場合は、源泉徴収を行っている口座と源泉徴収なしの口座と二種類あります。
源泉徴収がある場合の株取引は確定申告をする必要は利益がプラスのときはありません。
これは利益がプラスのときにかってに10パーセントを徴収してくれるからです。

 

ではマイナスの場合はどうでしょうか。

 

じつはマイナスの場合は源泉徴収ありの口座は確定申告をするべきなのです。
繰越をする場合は、損していた場合、翌年以降に損失分を繰り越すことが可能で、3年以内に利益が出たときに今回の損と相殺させて利益の額を少なくしていくことで、節税することが可能です。

 

ですから特定口座で源泉徴収ありの株取引は確定申告をする必要はマイナスのときはあるということです。

特定口座で源泉徴収なし、の場合はどうなる?

では、特定口座で源泉徴収なし、または一般口座を利用しての株取引きはどうなるのかというと、株取引は確定申告する必要性があります。
これは利益がプラスならば源泉徴収されていないからする必要があり、利益がマイナスの場合は株取引を源泉徴収ありの特定口座で行っているときと同様、損失分で相殺させて利益の額を少なくして節税することが出来るからです。

 

また配当控除を受けられるケースもあります。
これは配当所得の10パーセントが税額から差し引かれて還付金が受け取れるケースです。

 

これは収入によって申告したほうがいいか不利になるかのケースに分かれますが、課税所得が330万円以下ならば、申告したほうが非常に有利であるということがいえます。
株取引は確定申告を行う場合、そのやり方に関しては税務署はもちろんですが、口座を提供している会社がウェブサイトに掲載している場合もありますので参考にすることが可能です。

 

また株取引は確定申告をしなかったりすると、あとで調査が入ったときに高額な税金を請求されてしまうおそれもありますので、その点を避けるためにもぜひともしっかり利益は脱税せずに申告して、税金は納めましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

日商エステムの投資マンション
日商エステムは新築・分譲・投資マンションで不動産投資を提案する会社で本社は大阪市中央区備後町。香里園、八戸ノ里などにも物件をてがけ、私的年金にもなる資産運用として注目を集めています。
マンション投資業界
しつこい迷惑電話まがいの電話勧誘なども話題になるマンション投資業界。悪質な業者で失敗したというトラブルもあるようですが、リスクを理解して上手にやれば節税などの税金対策にもなり得ます。マンション投資業界についてプチリサーチ。
ハワイへの不動産投資
ハワイは海外の不動産投資としては人気の場所。時差はありますが気候や天気はまさに楽園。ライブカメラやネット情報によってとても身近になったハワイの不動産投資とは?
タイ不動産投資
タイは空港封鎖など政治的情勢も気になりますが、もともと不動産投資では注目された国。ただ、日商エステムのような会社があるわけでもなく、なんといっても外国ですからリスクも多く、節税目的などでの不動産投資はためらわれます。
株取引初心者のシュミレーション
株取引がネットや携帯電話でも手軽にできるようになりました。初心者は実際にはじめる前にシュミレーション(シミュレーション)で取引になれておいたほうがよいです。バーチャルなのでゲーム感覚で株取引を理解することができます。
MAアセットマネージメント
MAアセットマネージメントは投資顧問業を行っている会社です。個人が株式投資をするときに頼りになると定評があります。MAアセットマネージメントのサイトを見ると無料銘柄診断のコーナーなど、会員でなくても役にたつ情報があります。
女性の株投資
女性の株投資家が増加中です。芸能人・有名人も多く鈴木えみなどはその代表格。初心を忘れず着実にシュミレーションを重ねて株投資する姿勢は女性のほうが向いているのかもしれません。
ミューチュアルファンドとは
ミューチュアルファンドとはアメリカでのオープンエンド型の投資信託。同様のスキームをイギリスではユニットトラストと呼び、日本では投資信託と呼びます。いつでも購入・換金できるのがミューチュアルファンドの特徴といえるかもしれません。
株式会社投資レーダー
株式会社投資レーダーはチャートブックを発行する出版社。週刊、月刊、季刊と様々なカレンダーでインテリジェンスを発信する各付情報センターと言ってよいでしょう。投資レーダーのサイトもあり、書籍はオンラインでも入手できます。
株・不動産News&コラム