今、安全な資産は現金?

スポンサードリンク

今、安全な資産は現金?

国際的な視点では、これまで、アメリカ国債は安全な資産としての評価を誰から疑いをもたれることなく得ていました。

 

しかし、近年、さまざまな要因からその評価が揺らいでいるという見方があります。

 

では、今、安全な資産とは?

 

その主役は「現金」であると、ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年8月22日)が報じています。

 

こちら→参考

 

これまで、アメリカ国債は、国際的にもっとも安全な資産であるとされてきましたが、これが「リスク資産」になっているというのです。
アメリカ以外の国を含めた世界の国債金利は上昇傾向→これも、リスク資産である米国債からの資金移動なのかもしれません。

 

ちなみに、日本では、ずっと以前から「現金」がもっとも安全な資産だったかもしれません。その次が郵便貯金や銀行でしょうか。
しかしながら、そういった預金の一部は日本国債の購入に充てられることを考えると、銀行預金も間接的な国債といえなくもないかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連ページ

資産2000倍のの元カリスマ個人投資家の選択
カンボジア投資でトラブル急増
米国から海外送金ができなくなる?
エイベックス松浦社長「富裕層課税に不満」への反応
シリア問題、市場はとりあえず棚上げ
「年利15%でふやす資産運用術」は本当?
スーダン投資は紛争に注意
スーダンは地図で見るとアフリカ最大の国。イギリス領だった歴史もあり、地下資源も豊富。投資国としての魅力もあるのですが、ダルフール問題などの紛争の火種が不安材料。首都はハルツーム。
澤上ファンドの評判
日本の投資信託委託会社のひとつである澤上ファンドは行政処分によって破綻の評判もありましたが、その後の評価はどうなのでしょう。ファンドマネージャーは澤上篤人氏の息子の澤上龍氏。法令順守の姿勢にも注目があつまります。