エイベックス松浦社長「富裕層課税に不満」への反応

スポンサードリンク

エイベックス松浦社長「富裕層課税に不満」への反応

さる8月2日、エイベックスの社長である松浦勝人氏がFacebookに書いた発言についでです。

 

松浦氏が書いたのはこんな文章。

 

阿部(原文ママ)内閣支持率向上の狙いのためか、たいした税増収にならないにも関わらず富裕層への所得増税は決まり地方税とあわせれば55%という税金が所得にかけられる。そして、相続税も半端じゃない。うかつに死んだら家族が路頭に迷うはめにもなりかねない。(中略)所得税が20%代の国はたくさんある。相続税のない国もある。こんなことをしていたら富裕層はどんどん日本から離れていくだろう

 

つまりは、自分たちは一生懸命働いて稼いだのだから、富裕層への増税はやめてくれということですね。こんな発言もしています。

 

富裕層は日本にいなくなっても仕方ない。僕は日本が大好きだが、日本は僕らを嫌いなようだ。(中略)貧困層の話題はよくマスコミに出るが、富裕層の悩みはほったらかしだ

 

とまあ、なかなか攻撃的な内容なので、当然、ネット上でも拡散し、一時期はやや炎上的な状況かとも思われました。

 

たとえばこんな感じです。

 

こういう、自分の富は自分で稼いだものって人は、なんで相続税に反対するんだろうか?家族は「自分」じゃないんだから、家族も自分で稼げばいいじゃん。国に取られるのが嫌ならたとえば出身校に寄付でもしとけ
(nowa_s 2013/08/04)

 

成功した人は全部自分の力だけで成功したと思いこむ典型だね。シンガポールがどうして安い税金にできるのかすら考えたことすら無さそうだ。成功者だけ安い税金で釣って他国のインフラ努力を吸い上げているだけ。
(crode 2013/08/03 )

 

そしてこの発言、8月2日のものであるにもかかわらず、いまだに話題になっているというポストセブンの記事がYahoo!ニュースに掲載されていました(8月29日)。リンク

 

記事によれば、富裕層の不満は、決して金額だけではないというのです。
「金を儲けているのはなにか悪いことをしているに違いない」という先入観で査察にくる国税庁の姿勢や態度。そして、そういう見方に同調しやすい庶民感情などもストレスになっているように感じます。

 

年収1億円弱を稼ぐある人がシンガポールに移住を決心した理由もそのへんにありました。
その人は、シンガポールは金持ちをちゃんと尊重してくれるからだと言います。
そして、こうも言葉を続けています。

 

国だってサービス業でしょう? 税金を払う人間がいるから公務員は給料がもらえるし、国民にサービスを提供できる。で、あれば富裕層で税金をたくさん払う人には子供の教育、清掃、ゴミ回収、警備……何でもいいのですが、税金をたくさん払っていて良かったと思わせるものが必要なんじゃないでしょうか

 

これに関しては、多くの人が賛同するのではないでしょうか。
ともあれ、1986年に経済を活性化させるためにおこなわれた「最高税率を70%から37%に下げる金持ち優遇税制」は、結局、あまり成果をだせなかったばかりか、さらに富裕層、貧困層どちらからも批判されています。
これというのも、すべては「お金が回れ」ば解決することなのかもしれません。

スポンサードリンク

関連ページ

今、安全な資産は現金?
資産2000倍のの元カリスマ個人投資家の選択
カンボジア投資でトラブル急増
米国から海外送金ができなくなる?
シリア問題、市場はとりあえず棚上げ
「年利15%でふやす資産運用術」は本当?
スーダン投資は紛争に注意
スーダンは地図で見るとアフリカ最大の国。イギリス領だった歴史もあり、地下資源も豊富。投資国としての魅力もあるのですが、ダルフール問題などの紛争の火種が不安材料。首都はハルツーム。
澤上ファンドの評判
日本の投資信託委託会社のひとつである澤上ファンドは行政処分によって破綻の評判もありましたが、その後の評価はどうなのでしょう。ファンドマネージャーは澤上篤人氏の息子の澤上龍氏。法令順守の姿勢にも注目があつまります。