スーダン投資は紛争に注意

スポンサードリンク

スーダン投資…内戦、ダルフール紛争や治安問題の影響は?

スーダンを地図でみると、アフリカ大陸の北西部、ナイル川の上流地域にあたります。
首都はハルツームで、以前はイギリス領だった歴史もあります。

 

さて、スーダン投資が問題になっており、これらは、どのように解決していくかといったことに焦点を合わせていかなければいけないと思います。

 

ひとつは、2007年に問題になったのはダルフール問題です。

 

これがスーダン投資とどのようにかかわりがあるのかというと、ダルフール問題は、虐殺によって多くの人がしんており、これはダルフールというのはスーダンの国内にあるのです。

 

スーダン投資問題は、スーダンに投資している企業に、アメリカでは出資を禁止したことがあるのです。
たとえば、アメリカ企業・州・地方自治体・年金ファンドなども出資を禁じました。
企業が連邦政府と調達契約を結ぶためには、スーダン投資を行っていないということを証明しなければいけないといったところまで徹底しています。

 

スーダン投資は2008年10月にようやく変化を見せることとなりました。
これはスーダン政府に対する制裁と解除して、ハイレベルな外交的取り組みを通じて、平和維持郡の展開をダルフールにおいて行い、改善をもたらすためにあらゆる努力を続けるといったことです。
そのため、スーダン投資引き上げ措置法に署名をしたということになります。

 

日本では三井住友、新日本石油などがスーダンに投資

 

スーダン投資を行うだけでも、このようにいろいろと問題が複雑に絡み合いわかりにくいわけですが結論として、スーダン投資を行うのもリスクがあるということです。
保証がありません。
スーダン投資の保証がないということは失敗したときの損失も大きいということです。
損失が大きくては話になりませんよね。

 

スーダンの投資を見たとき、どこが一番投資をしているのでしょう。
日本の場合は三井住友が上位に名を連ねているのですが、それだけでなく新日本石油、東京電力などはスーダン投資にかんけいのある石油の購入に直接かかっていると思います。
スーダン投資のひとつとして、石油などの原油などの取引を行えば確かにプラスアルファになりますが、その分リスクが高いので判断する目を養っていかなければなりません。
三井住友はアメリカに支社があるのでスーダン投資に関しての規制や法案などは対象になるので注意が必要ですよね。

 

「世界失敗国家ランキング」の2位にも入る国ですが、レアメタルや石油などの埋蔵量は注目度満点。
こういったことはアメリカの経済ニュースに敏感にアンテナをはっておかなければいけないと思います。
スーダン投資を行うときには、地域の紛争はもちろんですが、どのような会社がそこの取引にからんでくるかと少し考えてみたほうが良いと思います。
知識を身につけてスーダン投資も楽しんでみたいですよね。

スポンサードリンク

関連ページ

今、安全な資産は現金?
資産2000倍のの元カリスマ個人投資家の選択
カンボジア投資でトラブル急増
米国から海外送金ができなくなる?
エイベックス松浦社長「富裕層課税に不満」への反応
シリア問題、市場はとりあえず棚上げ
「年利15%でふやす資産運用術」は本当?
澤上ファンドの評判
日本の投資信託委託会社のひとつである澤上ファンドは行政処分によって破綻の評判もありましたが、その後の評価はどうなのでしょう。ファンドマネージャーは澤上篤人氏の息子の澤上龍氏。法令順守の姿勢にも注目があつまります。