元本保証の資産運用

スポンサードリンク

元本保証の資産運用…高利回りではないけど、やはり国債?

資産運用で元本保証されているものは、なかなか見つかりにくいかもしれません。
ファンド、投資信託、株、FX、外国為替…今では不動産ですら元本割れのリスクがあります。
元本保証のある変額年金保険というのもありますが、普通の金融商品ではあまりありません。
また、あることにはありますが、中途解約では元本割れという落ちがある場合があります。

 

といった状況の中で、一番良いと思われるのは
…それは国債だといわれています。
これとて、元本が保証されているわけではありません。
しかし、国が無くなるまで安定していると見てよいでしょう。

 

日本の国債は格付けの割りに利率が悪いといわれています。
国債で資産運用を考えるとなると、その点、厳しいと感じる部分があるかもしれません。
日本の国債が利率が低いことは知られていますが、利率が低いのは何も国債だけではなく銀行の預金、郵便貯金も利率が低いのです。
その点を考えると妥当なのかもしれません。

 

ということで、多くの人は、資産運用で元本保証となると個人向け国債を勧めています。
これは、その理由として、半年ごとに利息を受け取れる仕組みになっており、発行から1年以上たっていれば、途中換金でも元本で買い取るために、元本割れの心配がないからです。
その点を考えると良いのではないでしょうか。

1万円から購入できる個人向け国債

資産運用で、元本保証をされているという点から個人向け国債を利用するならば、毎年、4月・7月・10月・1月の4回発行されていますから、そのときに郵便局、銀行、証券会社などで購入するようになります。

 

ちなみに最低1万円から購入できます。
「ものは試し」といった感じで考えているのでしたら、この最低の1万円から行ってみると良いかもしれません。

 

当初の6ヶ月の金利は0.74パーセントほどになっており、半年以降からは金利情勢に応じて変更されます。

 

今後は金利上昇も見込めるので、購入者にとって有利になるかもしれません。
なので、資産運用で元本保証と考えたときに個人向け国債を勧める人が多いのです。

 

元本で買い取ってくれる魅力が個人向け国債にあるわけですが、途中換金した場合はどうなるのでしょうか。
これは直近1年分の利息相当額の手数料がかかったり、利息の支払い時に20パーセントが税金として惹かれてしまいます。
そのため購入1年以内の換金は、税抜きで元本割れになってしまうのです。

 

 

SS135.jpg

 

 

 

銀行によっては年間で1260円の口座管理料が発生するので、資産運用で元本保証で個人向け国債を利用しようと考えている人が、そういった口座管理料のかかる口座を利用しては元本割れもいいところではないうでしょうか。
ですから口座管理料がかからず、そして有利に運用するために2〜3年以上保有するようにしていくと、損をしないのではないでしょうか。
資産運用で元本保証をと考えているならば、リスクも把握した上で行っていきたいですね。

スポンサードリンク

関連ページ

外貨交換は銀行?空港?
外貨交換は三菱東京UFJ、三井住友銀行などの銀行でもできますが、成田空港・羽田空港などでも両替店があり、出発直前でも外貨交換ができます。レートや手数料はみな少しずつ異なるのでチェックが必要。
資産運用DS攻略
「資産運用DS」はニンテンドーDSを使ってゲーム感覚でシミュレーションできるソフトです。用語辞典やスタイル診断など実際の資産運用攻略にも役立つ内容がもりだくさん。「資産運用DS」で扱えるのは株式投資、投資信託、外貨投資、債権、不動産投資です。
ツタヤの買取で資産を換金
すべての店舗ではないですがツタヤでは買取サービスも行っています。ダウンロードやネットレンタルもできるオンラインサイトで「どの店舗で買取しているか」をチェックできます。
関塾=塾経営という資産運用
コンビニや飲食にくらべてはるかに小さな初期投資でスタートできる塾経営。投資額にくらべて収益性が高い資産運用だともいえます。関塾は、自らのノウハウをフランチャイズによって開示。誰もが塾経営による資産運用ができ、独立・開業にもオススメできると思います。
夢の資産「どんぐり貯金」
どんぐり貯金とは、その名の通り「どんぐり」をためること。それを行っているのがどんぐり銀行で、銀行ですから通帳もあります。貯金の払い戻しは苗木。とても夢のある「資産」ですね。東京・大阪各地にも出張所があります。